Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年下半期はメール経由の攻撃が2.5倍 - 9割超が「Locky」感染目的

2016年下半期は、上半期と比較するとメールによる攻撃が約2倍以上に拡大したことがわかった。9割以上がランサムウェア「Locky」への感染を目的とした攻撃だったという。

日本IBMが、2016年下半期のTokyo SOCにおける国内の企業を対象とした攻撃の観測状況を取りまとめたもの。同期に検知したメール経由の攻撃は14万686件で、前期の5万7490件から約2.5倍に跳ね上がった。メール経由の攻撃全体のうち、ランサムウェア「Locky」への感染を狙う攻撃が94.9%と圧倒的多数を占めたという。

ランサムウェアの感染を目的としたメールは、2016年1月、2月にはほとんど検知されなかったが、3月に1万5000件へと拡大。5月には2万件を超えたという。

下半期はさらに増加しており、7月に2万5000件を突破、さらに2カ月連続で上昇し、9月は4万件を超えた。10月以降は1万5000件以下とやや沈静化しているものの、引き続き警戒を呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
国内ではブラウザ上でのマルウェア検知が7割超 - ESET
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……