Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7割以上がパブリッククラウドを信頼、63%が顧客情報を保存

日本企業のIT担当者の73%がパブリッククラウドを信頼すると回答しており、63%がパブリッククラウドに顧客情報を保存しているとの調査結果をマカフィーが取りまとめた。

同社が、調査会社の英Vanson Bourneに委託し、2016年秋にアンケート調査を実施したもので、日本を含む世界12カ国から2000人以上のIT担当者が回答した。

日本国内の回答を見ると、73%がパブリッククラウドを信頼すると回答。63%はパブリッククラウドに顧客情報を保存しているという。

一方、クラウドのセキュリティを確保できなくなっていると57%が考えており、51%と約半数はクラウド型SaaSアプリケーションがマルウェア感染の原因になった経験があるという。

導入に関しては、43%はセキュリティに関するスキル不足が原因でクラウドサービスの導入が遅れているとしており、53%はスキル不足ながらクラウドを継続的に利用。スキル不足はないと考えている回答者は4%だった。

(Security NEXT - 2017/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
情報流出を狙った攻撃が5割超 - 脆弱性探索も
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避