Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年4QのDDoS攻撃は16%減 - 100Gbps超は12件

2016年第4四半期のDDoS攻撃は、攻撃総数そのものは16%減少する一方、攻撃に利用されたIPアドレスが大幅に増加したことがわかった。100Gbpsを超える攻撃は12件観測されている。

アカマイ・テクノロジーズが、同四半期に同社で観測したDDoS攻撃の状況について取りまとめたもの。DDoS攻撃は前四半期から16%減少した。100Gbps超を記録した攻撃は12件観測。前年同期と比較すると140%増となった。

100Gbpsを超えた攻撃のうち、7件の攻撃は「Miraiボットネット」が直接関係しているという。もっとも規模が大きかった攻撃は、ピーク時に517Gbpsを記録。2年以上前から存在しているボットネット「Spikeボットネット」からの攻撃で、IoT機器による攻撃ではなかった。

また同四半期では、攻撃に利用されるIPアドレスは大幅に増加。その大半を占める18万件超は米国のIPアドレスだったという。

攻撃内容を見ると、「UDPフラグメンテーション」が27%でもっとも多く、「DNS(21%)」「NTP(15%)」と続く。また「Connectionless Lightweight Directory Access Protocol(CLDAP)」によるリフレクション攻撃が確認されている。

(Security NEXT - 2017/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年2Q、「Portmap」悪用のリフレクション攻撃が増加
6月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
5月のDDoS攻撃、件数は減少するも攻撃規模は拡大 - IIJレポート
4月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
2月のDDoS攻撃、件数減少するも29Gbps規模の攻撃
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
1月のDDoS攻撃、前月比4割増 - 最大規模は2.2Gbps
2019年の攻撃パケット、約半数がIoTを標的に - 調査目的も増加