Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「有料動画サービスを無料で見られる」だますランサムウェアに注意

大手有料動画サービス「Netflix」を無料で利用できるなどと誘惑し、端末内のファイルを暗号化して金銭を要求するランサムウェアが確認された。複数のセキュリティベンダーが注意を呼びかけている。

問題のランサムウェアは、「Netflix Login Generator」といった名称で流通。「Netflix」へアクセスができる不正アカウントを作成できるなどとだましていた。

ランサムウェアと気が付かずにプログラムを起動すると、画面上では不正アカウントらしき文字列が表示されるが、実際はCドライブにあるユーザーディレクトリ以下にある特定の拡張子を持ったファイルを暗号化。復号キーをBitcoinで購入するよう迫る。要求額は0.18BTCだった。

米Trend Microや露Kaspersky Labが調査した検体では、「Windows 7」「同10」のみで動作。他OSでは動作せずに終了するという。

(Security NEXT - 2017/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も
X線読影システムのランサム被害、VPN経由で侵入 - 埼玉県健康づくり事業団
米政府、脆弱性「Citrix Bleed」についてガイダンスを公開
「Citrix Bleed」に対する攻撃増加 - 著名ランサムグループも悪用
ランサム被害のイズミ、侵入経路はVPN - システムは概ね復旧
サーバがランサム感染、個人情報流出の可能性 - 豊島
サーバがランサム被害、請求書発行などが停止 - 宮崎電子機器
UTM設置時のテストアカウントが未削除、ランサム感染の原因に
まもなくGW - 長期休暇に備えてセキュリティ対策の再確認を
「VMware ESXi」も標的とするランサムウェア「Akira」に警戒を