Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム被害者の15%が支払に応じる - 5万円以上が3割超

ランサムウェアの被害者へ実際にどのような状況に陥ったか内容を尋ねたところ、「ロックがかかり操作できない(40.2%)」「端末内のデータが削除された(26.8%)」「端末内のデータが見られない(28.6%)」「端末が不審な挙動をする(18.8%)」などを経験していた。

またこれら「ランサムウェア」で被害を経験した人のうち、15.2%が金銭の支払い要求に応じており、そのうち35.3%は5万円から10万円を支払っていたという。

「ランサムウェア」以外の脅威における金銭の支払い状況を見ると、「電話での架空請求(18.9%)」「乗っ取られた知人のアカウントから連絡が来たケース(18.3%)」など2割弱にのぼり、「自身のアカウント乗っ取り」も11.3%が金銭を支払った経験を持っていた。

「架空請求」や「フィッシング詐欺」では、被害額が10万円以上から100万円以内と高額に及ぶケースも見られる一方、5万円以上の被害額で比較すると、ランサムウェアの割合が最も高かった。

被害額の割合(グラフ:MS&AD基礎研)
被害額の割合(グラフ:MS&AD基礎研)

(Security NEXT - 2016/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃受けた国内企業の約3割が身代金払う - 平均1.23億円
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」