Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PHP FormMail Generator」の生成コードに複数の脆弱性

コード生成サービス「PHP FormMail Generator」によって作成されたPHPコードに、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。セキュリティ機関では利用者に対して、コードを再生成して差し替えるなど、対応を講じるよう注意を呼びかけている。

同サービスを利用することにより、WordPressなどで利用できるウェブフォームのコードを作成することができるが、作成されたコードには、認証なく管理パネルへアクセスできる脆弱性「CVE-2016-9482」や、ディレクトリトラバーサルの脆弱性「CVE-2016-9484」が存在するという。

さらに信頼できない入力値をデシリアライズする脆弱性「CVE-2016-9483」が含まれており、リモートよりコードを実行されたり、「CVE-2016-9484 」と組み合わせることで、任意のファイルを取得されるおそれがあることが明らかになったという。

12月6日の時点では、作成するコードへ上記問題が生じないよう修正が行われており、再作成したコードに変更するか、過去に作成されたコードに対して利用者が対策を講じるよう注意が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2016/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も