Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトバンク、IPSサービスにマルウェアブロック機能 - アクセス要求をリスト照合

ソフトバンクは、同社のインターネット接続サービスにおいて、マルウェアをブロックする機能を2017年1月16日より導入する。

同社のインターネット接続サービスの契約者を対象に、マルウェアのブロック機能を適用するもの。インターネットを利用する際、アクセス要求におけるドメイン情報を悪意あるサーバのブラックリストと照合。合致した場合は自動的に通信を遮断する。

対象サービスは「SoftBank光」「SoftBank Air」「Yahoo!BB」「SoftBankブロードバンドサービス」「ODN」「ホワイトBB」「ULTINA Internet」。料金は無料で、利用者側で申し込みや設定の変更などは不要。マルウェア感染が判明した利用者には、同社から通知する場合もあるという。

(Security NEXT - 2016/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - アプリ異常動作を検知