Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IBM Watson for Cyber Security」がベータプログラム - 40組織が参加

米IBMは、セキュリティサービス「IBM Watson for Cyber Security」のベータプログラムを展開する。国内企業をはじめ、40組織が参加する予定だという。

「IBM Watson for Cyber Security」は、同社の人工知能(AI)技術である「Watson」をサイバーセキュリティ分野に応用したもの。機械学習や自然言語処理などのテクノロジーを活用し、アラートをはじめ、非構造化データなども含めて情報を解析する。

ベータプログラムでは、参加組織に対してセキュリティに関する意思決定を支援するための情報を提供。具体的には、アラートが既知のマルウェアや攻撃に関連しているか判断。関連している場合、利用された脆弱性、脅威の範囲など背景情報を提供する。また、疑わしい行為については、悪意があるか判断できるよう、別の行為に関する情報などをあわせて提供するという。

同プログラムには、金融、旅行、エネルギー、自動車、教育などの分野から企業や組織が参加。同社は、今後数週間で参加組織は40に増えるとしており、日本からは三井住友銀行が参加している。同社は同プログラムを通じて、同技術の能力向上、使用事例として活用していきたい考え。

(Security NEXT - 2016/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀
匿名加工情報作成ソフトに新版、架空パーソナルデータの合成に対応
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
IPA、「DX白書2021」を公開 - 日米の差が明らかに
Apple、「iOS 15」「iPadOS 15」をリリース - 脆弱性22件を修正
クラウド型WAF「Scutum」の「アノマリ検知」を強化 - SST
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス