Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ルネサスとESCRYPT、車載ECU向けのセキュリティソリューション

ルネサスエレクトロニクスと独ESCRYPTは、自動車用の電子制御ユニット(ECU)に必要なセキュリティを提供するハードウェアとソフトウェアの統合ソリューション開発で協業すると発表した。

同ソリューションは、ルネサスの車載用マイコン「RH850/P1x-Cシリーズ」と、ESCRYPTのセキュリティソフトウェア「CycurHSM」を組み合わせて実現したもの。

「RH850/P1x-Cシリーズ」は、秘密鍵と公開鍵暗号方式に基づいたセキュリティ機能を提供するセキュリティモジュール「ICU-M」を搭載。「CycurHSM」により、「SHE/SHE+(Secure Hardware Extension)」規格の要求する機能にくわえ、フラッシュ書き込みやECU間の通信においてセキュリティ機能を提供するという。

また車載ソフトウェアの標準仕様である「AUTOSAR」に準拠。既存の「AUTOSAR」アプリケーションに対応したセキュリティソフトウェアの開発を、簡単な設定のみで行うことができるとしている。

(Security NEXT - 2016/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援
イエラエとNDIAS、自動車のセキュリティ評価技術を共同開発
トレンドマイクロとLuxoft、自動車のセキュリティ分野で協業
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機
ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業
LPWAにも対応する無線通信のセキュリティ診断サービス
コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント
パナとトレンド、自動車分野のセキュリティで共同開発