Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイルやリンクの安全性を検証する「Salesforce」向けソリューション

エフセキュアは、顧客や営業管理を行うクラウドサービス「Salesforce」上の脅威を検出するセキュリティ対策ソリューションを発表した。

「F-Secure Cloud Protection for Salesforce」は、「Salesforce」上で共有しているファイルやリンクに脅威が含まれていないか検証するサービス。同社セキュリティ対策サービス「F-Secure Security Cloud」の脅威情報やサンドボックス機能を使用してファイルの安全性を検証する。

マルウェアなど含むファイルや危険が伴うリンクを隔離。管理者が対応できるよう、通知される。同ソリューションは現在パイロット版を運用中で、2017年を目処にグローバルへ展開する予定。

(Security NEXT - 2016/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能