Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイルやリンクの安全性を検証する「Salesforce」向けソリューション

エフセキュアは、顧客や営業管理を行うクラウドサービス「Salesforce」上の脅威を検出するセキュリティ対策ソリューションを発表した。

「F-Secure Cloud Protection for Salesforce」は、「Salesforce」上で共有しているファイルやリンクに脅威が含まれていないか検証するサービス。同社セキュリティ対策サービス「F-Secure Security Cloud」の脅威情報やサンドボックス機能を使用してファイルの安全性を検証する。

マルウェアなど含むファイルや危険が伴うリンクを隔離。管理者が対応できるよう、通知される。同ソリューションは現在パイロット版を運用中で、2017年を目処にグローバルへ展開する予定。

(Security NEXT - 2016/11/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
共同調達にも対応、自治体情報セキュクラウド - SBテク