Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

標的型攻撃メールが約4倍に急増 - 特定攻撃者が活発化

20161028_jc_003.jpg

2016年第3四半期は、標的型攻撃メールが約4倍と急増した。大半が従来より捕捉されている特定の攻撃者によるものだという。

情報処理推進機構(IPA)が、2016年第3四半期におけるサイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)の運用や標的型攻撃メールの取扱状況を取りまとめたもの。

J-CSIPは、サイバー攻撃の被害拡大防止を目的に2011年10月に発足。現在は7つのSIG(Special Interest Group)と87組織が参加している。

同四半期に参加組織から情報が寄せられた不審メールに関する情報は218件。前回の1818件から大きく縮小した。ただし前四半期は、いわゆる不特定多数を狙った「ばらまき型メール」の急増による一時的な増加のため、実質的な変動は小さいとしている。

20161028_jc_001.jpg
メールの種類(表:IPA)

その一方、情報提供を受けたメールのうち、標的型攻撃メールと判断したものは123件。前四半期の32件から約4倍へと急拡大した。従来水準を大きく上回る状況で、運用開始以来、100件を超えたのは今回で3回目で、121件を記録した2014年第4四半期以来、約2年ぶりとなる

また数件を除いた攻撃の大半が、2012年9月以降、長期的にわたり活動が確認されている特定の攻撃者と関連があり、IPAでは攻撃の活発化に警戒を強めている。

(Security NEXT - 2016/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一時操業停止にも至ったサイバー攻撃 - 侵入口は廃棄直前の「VoIP GW」
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
国内のランサムウェア遭遇リスクが4割近く上昇
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減