Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す

20161012_sy_002.jpg
記者説明会に登場したドラえもん

シマンテックは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「ノートン セキュリティ」の2016年版を10月13日より販売開始する。ブランドのキャラクターとして「ドラえもん」を採用した。

同製品は、マルチプラットフォームに対応したセキュリティ対策ソフト。最新版では、Windows版において脆弱性を悪用する動きを検知する「Proactive Exploit Protection(PEP)」を追加した。

さらにパッカーなどを利用した検知回避などへの対策として、実際にプログラムを実行し、不正な実行ファイルを検知する「エミュレーション」機能を搭載。また未知のマルウェアを検知するため、マシンラーニングなどを活用していく。

20161012_sy_001.jpg
保護の流れ(図:シマンテック)

Mac版では定義ファイルの容量を従来より抑え、スキャン速度やメモリ使用量の低減などを目指したほか、製品を管理できるポータルサイト「My Norton」を用意した。

(Security NEXT - 2016/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
個人向けバックアップソフトに新版 - クラウドへの自動コピーに対応
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充