Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脅威パケットを破棄する「Cyber Cleaner ST」 - 国別フィルタがIPv6対応

ギデオンは、IPパケットのヘッダ情報とデータベースを照合して脅威と見られるパケットを破棄する「Cyber Cleaner ST」をリリースした。

同製品は、情報通信研究機構(NICT)によるダークネットの観測データや、Kasperskyが提供する情報をもとに、脅威とみられるパケットを破棄するセキュリティ製品。「Cyber Cleaner 1000」「AccessControl」の2台で構成されている。

同製品では、従来より提供している「Cyber Cleaner LE」へ機能を追加。各国のISP別分布が表示できるほか、従来のIPv4にくわえIPv6パケットに対しても国別フィルタが利用できるようになった。価格は216万円。更新ライセンスが21万6000円。

(Security NEXT - 2016/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト