Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脅威パケットを破棄する「Cyber Cleaner ST」 - 国別フィルタがIPv6対応

ギデオンは、IPパケットのヘッダ情報とデータベースを照合して脅威と見られるパケットを破棄する「Cyber Cleaner ST」をリリースした。

同製品は、情報通信研究機構(NICT)によるダークネットの観測データや、Kasperskyが提供する情報をもとに、脅威とみられるパケットを破棄するセキュリティ製品。「Cyber Cleaner 1000」「AccessControl」の2台で構成されている。

同製品では、従来より提供している「Cyber Cleaner LE」へ機能を追加。各国のISP別分布が表示できるほか、従来のIPv4にくわえIPv6パケットに対しても国別フィルタが利用できるようになった。価格は216万円。更新ライセンスが21万6000円。

(Security NEXT - 2016/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
共同調達にも対応、自治体情報セキュクラウド - SBテク