Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むSDカードを紛失 - 京大病院

京都大学医学部付属病院において、患者の個人情報が保存されたSDメモリカードの紛失が判明した。

同院の歯科口腔外科において、9月6日に研修医がSDメモリカードの紛失に気付いたもの。前日5日18時ごろに、研修医が処置室のパソコン上へ別の研修医に渡すためにSDメモリカードを置いたが、やりとりが曖昧でその後の所在がわからない状態だという。

紛失したSDカードには、カードの使用期間中に入院していた患者41人をはじめ、最大で138人分の情報が保存されていた可能性がある。患者の氏名のほか、顔や口腔内、手術中の写真が含まれる。

紛失した個人情報の不正利用などは確認されていない。同院では、個人情報が紛失した可能性のある患者に対し、電話と書面による事情の説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2016/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
委託先サーバがランサム感染、被害範囲を調査中 - 茨木市
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
血液検査結果を保存したUSBメモリが所在不明 - 北野病院
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院