Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報含むSDカードを紛失 - 京大病院

京都大学医学部付属病院において、患者の個人情報が保存されたSDメモリカードの紛失が判明した。

同院の歯科口腔外科において、9月6日に研修医がSDメモリカードの紛失に気付いたもの。前日5日18時ごろに、研修医が処置室のパソコン上へ別の研修医に渡すためにSDメモリカードを置いたが、やりとりが曖昧でその後の所在がわからない状態だという。

紛失したSDカードには、カードの使用期間中に入院していた患者41人をはじめ、最大で138人分の情報が保存されていた可能性がある。患者の氏名のほか、顔や口腔内、手術中の写真が含まれる。

紛失した個人情報の不正利用などは確認されていない。同院では、個人情報が紛失した可能性のある患者に対し、電話と書面による事情の説明と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2016/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検査の動画データなど含むバックアップ用HDDが所在不明 - 半田病院
看護師が業務書類を無断持出、荷物緩衝材に利用 - 東邦大関連病院
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
がん診療拠点病院担当者向けのメールで誤送信 - 大阪府
利用者や獣医師の個人情報が流出、パスワードも - 犬猫寄生虫情報サイト
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
個人情報含む書類が風で飛散、一部未回収の可能性 - 済生会富山病院
新型コロナの入院患者情報をメールで誤送信、宛先入力ミスで
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院