Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家計簿アプリ「マネーフォワード」のAndroid版に複数の脆弱性

マネーフォワードが提供するスマートフォン向け家計簿アプリ「マネーフォワード」のAndroid版に複数の脆弱性が含まれていることがわかった。悪意あるアプリにより不正に操作されたり、情報漏洩が生じるおそれがあるという。

脆弱性が判明したのは、「マネーフォワード」のほか、7金融機関向けに提供されている関連アプリ。さらにソースネクストが提供している「同for AppPass」「同auスマートパス」「同超ホーダイ」 なども含まれる。

悪意あるアプリケーションにより、同アプリが不正に操作されるおそれがある脆弱性「CVE-2016-4838」や、WebViewクラスに起因する情報漏洩の脆弱性「CVE-2016-4839」が相次いで判明した。

同社では、8月4日に公開した「同7.18.0」で修正。9月20日までに関連アプリへの対応も終えており、利用者へ最新版へアップデートするよう呼びかけている。

これら脆弱性は、いずれもスプラウトの末房建太氏、小西明紀氏、塩見友規氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。

(Security NEXT - 2016/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SAP」を狙うサイバー攻撃、事業停止のリスクも - 利用企業は早急に確認を
米政府、Fortinet製品利用者に注意喚起 - 3月よりAPT攻撃を観測
クラウドのワークロード向け「Carbon Black」に深刻な脆弱性
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
「vROps Manager」の深刻な脆弱性 - 実証コードも確認
「VMware vRealize Operations」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Chrome 89.0.4389.114」がリリース - 8件のセキュリティ修正
「baserCMS」にOSコマンドインジェクションなど3件の脆弱性
データベース「MariaDB」に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性