Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セシールの偽サイトに注意 - 検索エンジンで誘導されるケースも

ディノス・セシールは、同社のロゴや商品画像などを盗用した悪質なサイトが確認されているとして、注意を呼びかけている。

同社のロゴや商品の画像、文章などを盗用して作成し、同社サイトに見せかけた「偽サイト」が確認されたもの。同社では2サイトを確認しているが、ほかに存在する可能性もある。

検索エンジンで商品名で検索すると、検索結果へ偽サイトへのリンクが表示されるケースもあるという。同社は、現在確認している偽サイトのURLを公開するとともに、正規サイトのURLなどを確認し、誤って偽サイトへアクセスしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
アウトドアブームに便乗? 有名ブランドの偽サイトに注意
「JR西日本」装うフィッシングの報告が増加 - JR東日本「えきねっと」告知文を悪用
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
「PayPay銀行」を装うフィッシング - 「個人情報の有効期限切れ」などとだます手口
「セゾンNetアンサー」を装うフィッシング攻撃の報告が増加
書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
神奈川県が偽サイトに注意喚起 - マルウェア感染のおそれ
徳島市の偽サイトに注意 - 個人情報詐取されるおそれ
フィッシング攻撃、地域密着の信販会社を立て続けに標的に