Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

多摩大、「サイバーセキュリティ国際標準化研究会」 - 米NISTも協力

多摩大学のルール形成戦略研究所は、「サイバーセキュリティ国際標準化研究会」を設置した。

20160901_tu_001.jpg
研究会を設置した多摩大学

同研究会は、技術や法制度の面から国際的に求められるサイバーセキュリティの対策水準について調査、研究を行う組織。

研究結果を踏まえて政府へ政策を提言。グローバル市場における国内企業の成長戦略を後押しするという。

座長には、同研究所の客員教授を務める衆議院議員の福田峰之氏が就任。また経済産業省や米国立標準技術研究所(NIST)の協力を受け、米国におけるフレームワークの標準化動向や米有力企業における取組状況などの情報を入手。専門家の派遣なども受け入れるとしている。

また民間からは、日立製作所、大日本印刷、東芝、トヨタ自動車、ヤフー、リコー、TISなど14社が参加。民間企業の事務局はデロイトトーマツコンサルティングが務め、引き続き重要インフラや重要産業分野などから参加企業を募っていく。

(Security NEXT - 2016/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
BSIグループとイエラエ、IoTセキュリティ分野で協業
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
IoT開発者向けのセキュリティ手引書を公開 - SIOTP協議会
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
アプリのセキュ要件やテスト項目まとめた「OWASP ASVS 4.0」の日本語訳
機微情報の取扱基準示す「TLP」のガイダンスに日本語版