Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長期休暇に備えてセキュリティ対策を - 「山の日」前日のパッチ公開にも注意

休暇前だけでなく休暇明けにも備えが必要だ。パソコンや記録メディアの持ち出しを許可すれば、休暇明けには、これらを通じて組織内へマルウェアが持ち込まれる可能性もある。機器を利用する前に最新のセキュリティ対策ソフトで、マルウェアが混入していないかチェックすることも徹底したい。

また休暇中にセキュリティ修正プログラムなどが公開されていないか確認。さらに休暇を狙って不正アクセスが行われる場合もあるため、サーバなどへ不審なアクセスが発生していないかログなどを確認し、被害に遭っていないことをチェックする。

休暇明けは、大量のメールが届いている場合があるが、そのなかにマルウェアが仕込まれたメールが潜む可能性もある。「標的型攻撃メール」は、業務メールと見分けが難しい場合もあり、安易に添付ファイルを開いたり、記載されているURLにアクセスしないよう、いつも以上に慎重な対応が求められる。

(Security NEXT - 2016/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える
既知の「Cisco ASA」脆弱性狙う攻撃が急増 - 休み前に対策を
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
MS月例パッチ、2019年のリリース日をチェック - 8月は盆休み直撃
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を