Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車上荒らしで個人情報含むPCなどが被害 - 筑波大

筑波大学は、教員が車上荒らし被害に遭い、個人情報や企業情報、7機関の情報が保存されたノートパソコンなどが盗まれたことを明らかにした。

同大のシステム情報系に所属の教員が、7月6日に帰宅途中、車上荒らしに遭い、鞄が持ち去られたもの。被害に遭った鞄のなかには、同大が保有する関係者の個人情報2562件をはじめ、企業32社、および7機関の情報を保存したノートパソコンのほか、期末試験の答案用紙などが入っていた。

盗難の発覚後、警察へ被害を届けた。盗難に起因した個人情報の外部流出や、不正利用については確認されていないという。

(Security NEXT - 2016/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
アンケート回答を第三者にメールで誤送信 - 北里研究所病院
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
問合システムにブラインドSQLi攻撃、メアド流出の可能性 - 名古屋大
学生の個人情報含む可能性があるUSBメモリを紛失 - 東京都立大
患者情報含む私物PC、電車へ置き忘れ紛失 - 順天堂医院
スクーリング時の回覧座席表に受講者名簿を誤って添付 - 日大
メアドスペルミスで学生情報を誤送信 - 京都芸術大