Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

車上荒らしで個人情報含むPCなどが被害 - 筑波大

筑波大学は、教員が車上荒らし被害に遭い、個人情報や企業情報、7機関の情報が保存されたノートパソコンなどが盗まれたことを明らかにした。

同大のシステム情報系に所属の教員が、7月6日に帰宅途中、車上荒らしに遭い、鞄が持ち去られたもの。被害に遭った鞄のなかには、同大が保有する関係者の個人情報2562件をはじめ、企業32社、および7機関の情報を保存したノートパソコンのほか、期末試験の答案用紙などが入っていた。

盗難の発覚後、警察へ被害を届けた。盗難に起因した個人情報の外部流出や、不正利用については確認されていないという。

(Security NEXT - 2016/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

全卒論が外部から閲覧可能に、設定ミスで - 新潟国際情報大
患者情報含むPCが駐輪場で盗難、防犯カメラで判明 - 京都府立医科大付属病院
学内宿泊施設予約システムに不正アクセス、利用者情報が流出 - 阪大
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
クラファン支援者の個人情報が閲覧可能に - 関東大学バレーボール連盟
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
SFCへ不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 慶大
職員端末が「Emotet」感染、診療系システムには影響なし - 関西医科大
受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大