Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年2Qの脆弱性届出は753件 - ソフト製品関連が前Q比約7倍に

届出があったソフトウェア製品の種類を見ると、「ウェブアプリケーションソフト」が534件で8割弱を占める。「ルータ(41件)」「スマートフォン向けアプリ(23件)」が次いで多い。脆弱性が悪用された場合に生じる脅威は、「任意のスクリプトの実行」が438件で過半数にのぼるなど突出しており、続く「任意のコマンドの実行(77件)」「任意のコードの実行(37件)」などと大差を付けた。

同四半期に脆弱性の修正が完了し、「JVN」で公表した件数は76件。累計で1257件となった。「連絡不能開発者」として製品開発者名13件をあらたに公表し、累計で242件。また、連絡が取れたなど同期に調整が再開されたケースは1件だった。

一方、ウェブサイトの脆弱性を見ると、「クロスサイトスクリプティング」が35件で最多。「SQLインジェクション」が5件だった。脆弱性が悪用された場合の脅威を見ると、「本物サイト上への偽情報の表示」が36件、次いで「なりすまし(6件)」「データの改ざん、消去(5件)」が続く。

同四半期に修正を完了したのは78件で、その49%にあたる38件は90日以内に修正を完了している。累計の修正完了件数は6741件で、そのうち90日以内に修正が完了したのは、66%にあたる4425件だった。

(Security NEXT - 2016/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
2021年1Q、脆弱性届出は252件 - サイト関連が大きく減少
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC