Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

(ISC)2のアジア太平洋情報ISLAプログラムで日本から4人が受賞

(ISC)2は、第10回年間アジア・パシフィック情報セキュリティ・ リーダーシップ・アチーブメント(ISLA)プログラムの受賞者を発表した。日本国内からは、4人が選出された。

同プログラムは、同団体がグローバル・アワード・プログラムの一環として2007年より実施しているもので、アジア太平洋地域において情報セキュリティ分野で功績を残した人物を表彰するもの。

「Information Security Practitioner」「Managerial Professional for an Information Security Project」「Senior Information Security Professional」「Information Security Educator」の4部門があり、今回はあわせて35人が受賞した。

日本国内からは、「Senior Information Security Professional」部門において、KBC学園国際電子ビジネス専門学校の淵上真一氏、NTTエレクトロニクスの笠原久嗣氏、NECの小林浩史氏が受賞。また「Information Security Practitioner」部門では、富士通の佳山こうせつ氏が受賞した。

同団体では、7月25日から26日にタイ情報通信技術省(MICT)電子商取引開発庁(ETDA)と共同で「(ISC)2セキュリティ・コングレスAPAC」を開催する予定で、同じ会場で開催される表彰式ディナーにおいて、受賞者の表彰を行う予定。

(Security NEXT - 2016/07/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
セキュリティ専門家2名や「セキュリティのアレ」に総務大臣奨励賞
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大
2021年度の「JNSA賞」が決定 - 報道記者に特別賞も
JPCERT/CC、インシデントや脆弱性の報告者を表彰 - CDIの笹田修平氏らを選出
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の候補者を公募中 - 総務省
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
「JNSA賞」が発表、フィッシングハンターのKesagataMe氏ら受賞