Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイト閲覧中「マルウェア感染」とだますアプリ誘導広告に注意を

Android端末において、ウェブサイトの閲覧中に「マルウェア感染している」などとメッセージを表示して不安を煽り、端末へアプリをインストールさせようとする悪質な広告が出回っているとして、情報処理推進機構(IPA)が注意を呼びかけた。相談件数が増加しているという。

従来より毎月数件ペースで同機構へ相談が寄せられていたが、6月に28件と急増したことから注意を喚起したもの。

同機構が確認したケースでは、サイト閲覧中に「お使いのシステムは、頻繁に4ウイルスによって破損しています!」などと表示。メッセージを信用させるため、あたかもGoogleが表示したかのような警告画面に誘導していた。

「今、ウイルスを駆除しない場合は、重大な損傷の原因になる」などと不安を煽り、対策などと称してリンクからアプリのインストールページへ誘導される。実際はマルウェアに感染しておらず、アプリをインストールさせるための悪質な広告だった。

20160711_ip_001.jpg
画面表示からアプリへ誘導するまでの画面遷移(画像:IPA)

誘導先は、Google Playで公開されている「Go Security」のほか、複数のアプリが対象となっていたという。悪質な広告を表示した広告主と、誘導先となったアプリ開発者との関係はわかっていない。

今のところ確認された誘導先のアプリは、いずれも公式マーケットのGoogle Playで公開されているもので、誤ってインストールしてしまっても、被害に発展する可能性は低いと同機構は分析しているが、「不要なアプリについてはアンインストールすることが賢明」として注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/07/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
脆弱性に対処した「Thunderbird 78.6.1」をリリース
「Firefox」に深刻な脆弱性 - Android版にも影響
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
学習管理アプリに外部連携の「APIキー」がハードコード - キーの無効化やアップデートを実施
「Mozilla VPN」に脆弱性 - アップデートがリリース
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
2020年3Qの脆弱性登録は3082件 - 前四半期から1197件減