Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - 実証コードが公開済

「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に、リモートよりコード実行が可能となるあらたな脆弱性が判明した。すでに実証コードが公開されており、セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

今回明らかとなった「CVE-2016-4438」は、「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に存在する脆弱性。「同2.3.28.1」から「同2.3.20」までのバージョンに影響し、細工したHTTPリクエストによって任意のコードが実行されるおそれがある。

すでに脆弱性の実証コードが流通。JPCERTコーディネーションセンターが、同コードの有効性について調査したところ、対象バージョンにおいて、アプリケーションサーバの権限で任意のコードが実行可能であることを確認したという。

Apache Software Foundationでは、脆弱性や複数の変更を行ったGA(General Availability)版となる「同2.3.29」をリリースしており、同団体やセキュリティ機関ではアップデートを呼びかけている。

同版では、「CVE-2016-4438」以外にも、リモートでコード実行が可能となる「CVE-2016-0785」や、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2016-4430」、URL検証においてサービス拒否が生じる「CVE-2016-4465」、セキュリティ機能がバイパスされる「CVE-2016-4433」など、あわあせて7件の脆弱性を修正している。

(Security NEXT - 2016/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper