Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2支店で顧客情報記載の伝票紛失が判明 - 東京東信金

東京東信用金庫は、お花茶屋支店と四谷支店において、顧客情報が記載された一部入出金伝票を紛失したと発表した。誤廃棄した可能性があるという。

所在がわからなくなっているのは、預金時などに用いる入出金伝票。お花茶屋支店において2013年2月1日から同年3月14日にかけて扱った3284件と、四谷支店で2014年2月28日に扱った397件のあわせて3681件で、顧客の氏名や住所、電話番号、口座番号、生年月日などが含まれる。

同金庫では、保存期限が経過した不要書類に混入し、誤って廃棄した可能性があると説明。また他店舗における保管状況を確認し、今回判明した2店舗以外で紛失など発生していないことを確認したという。

(Security NEXT - 2016/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂
顧客情報記載の書類綴りを紛失 - 兵庫信金
顧客情報紛失、閉店作業忙しく管理なおざりに - 化粧品販売店
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
延滞情報などを誤送信、メール宛先に無関係の委託先 - アプラス
複数サーバでデータが暗号化、顧客情報流出の可能性も - 玄関マット製造会社
顧客情報含む伝票綴り39冊が所在不明に - 京都中央信金
2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合