Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「TeslaCrypt v1」から「同v4」まで対応した無償復号ツール

露Kaspersky Labは、無償で提供しているランサムウェア対策ツール「RakhniDecryptor」をバージョンアップし、「TeslaCrypt」の復号化機能を強化した。

「RakhniDecryptor」は、ランサムウェア「Rakhni」の復号化ツールとして提供されていたもので、同社サイトより入手することができる。

従来よりランサムウェア「TeslaCrypt v1」「同v2」へ対応していたが、「TeslaCrypt」の関係者よりマスターキーが公開されたことを受け、バージョンアップを実施。「RakhniDecryptor 1.15.10.0」より、あらたに「TeslaCrypt v3」「同v4」へ対応した。

同社では、同ツール以外にも、ランサムウェアである「Rannoh」や「CryptXXX」に対応した「RannohDecryptor」なども公開している。

(Security NEXT - 2016/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
ランサムウェア「Ziggy」も活動中止 - 復号ツールも登場
ランサムウェア「Fonix」が活動停止 - 謝罪して復号鍵を公開
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
ソフト開発会社がマルウェア開発か - ソフォスが指摘
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介
約1.6万人分の個人情報流出を確認、あらたな可能性も - カプコン