Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Angler EK」で拡散するランサムウェア「CryptXXX」に復号ツール

露Kaspersky Labは、ランサムウェア「CryptXXX」の復号ツールを同社サイトで提供している。

同マルウェアは、端末利用者の意図に関係なく勝手に暗号化し、拡張子を「.crypt」へ変更。復号を条件にビットコインによる金銭の支払いを要求するランサムウェア。

エクスプロイトキット「Angler」を通じ、ウェブサイト経由の感染で4月中旬ごろより拡散しているとみられている。金銭の要求に限らず、感染端末から情報を盗む機能なども備えていた。

同社によれば、「CryptXXX」は、暗号化の方法が不完全であり、これまで同社がランサムウェア「Rannoh」向けの復号ツールとして提供している「RannohDecryptor」であわせて対応したという。

暗号化前の状態であるファイル最低1件以上が必要で、ファイルが多いほど復号できる可能性が高まるという。「RannohDecryptor」は同社サイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2016/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト