Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Symantecの検知エンジンに脆弱性 - 修正版を配信

Symantecのマルウェア対策製品が搭載する検知エンジンに、リモートより攻撃可能な脆弱性が含まれていることがわかった。すでに修正版の配信が行われている。

20160517_sy_001.jpg
セキュリティアドバイザリを公表したSymantec

同社のマルウェア対策製品が備えているマルウェア検知エンジン「AVE(Anti-Virus Engine) 20151.1.0.32」に、脆弱性「CVE-2016-2208」が含まれていることが明らかとなったもの。

メール受信時やファイルのダウンロード時など、ファイルの検査を行った際に、細工されたPEヘッダファイルを読み込むと、不正なメモリアクセスによりシステムがクラッシュしてブルースクリーンの状態が発生したり、システムの制御を奪われるおそれがあるという。

Symantecでは、5月16日にLiveUpdateを通じて脆弱性を修正したマルウェア対策エンジン「AVE 20151.1.1.4」をリリース。LiveUpdateを利用しているノートンシリーズやエンタープライズ向け製品に対してすでに配信済みだが、アップデートが適用されているか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か