Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、ランサムウェアによる共有フォルダの暗号化を防ぐ新機能

カスペルスキーは、法人向けセキュリティ対策製品「Kaspersky Security 10 for Windows Server」を販売開始する。

同製品は、Windows Server向けセキュリティ対策ソフトの新版。今回あらたにランサムウェア対策として「アンチクリプター」機能を搭載。共有フォルダ内のファイルに対する暗号化の試行を検知し、攻撃元端末からのアクセスをブロックする。またアプリケーションの起動を制御できるようになった。

価格は最小構成の10クライアントで5万328円から。プログラムの提供は、5月後半からダウンロード形式で行う予定。

(Security NEXT - 2016/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア被害でシステム障害が発生 - 岡山県精神科医療センター
実践的サイバー防御演習「CYDER」の開催日程が発表 - 受付も開始
先週注目された記事(2024年5月12日〜2024年5月18日)
ランサムウェア「Black Basta」に注意 - 500超の組織で被害、医療機関も
X線読影システムのランサム被害、VPN経由で侵入 - 埼玉県健康づくり事業団
米政府、脆弱性「Citrix Bleed」についてガイダンスを公開
「Citrix Bleed」に対する攻撃増加 - 著名ランサムグループも悪用
ランサム被害のイズミ、侵入経路はVPN - システムは概ね復旧
サーバがランサム感染、個人情報流出の可能性 - 豊島
サーバがランサム被害、請求書発行などが停止 - 宮崎電子機器