Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市立中学で成績情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市

横浜市教育委員会は、金沢区の市立中学校において、生徒84人分の成績データなどを保存したUSBメモリが所在不明となっていることを明らかにした。

3月初旬に教諭がUSBメモリの紛失に気付いたもの。2月29日、教諭が自宅で成績処理の業務を行うため、無断で学校のUSBメモリを持ち出して出張しており、以降の行方がわからないという。

紛失したUSBメモリには、2015年度の1年生84人分の氏名やクラスのほか、数学の試験結果、前期の成績評価、提出物や授業の取り組みなどを点数化したデータが保存されていた。データにはパスワードが設定されているという。

学校へ紛失を報告したのは、3月31日で、教諭自身の転居などにより、報告まで時間を要したと説明。対象となる生徒と保護者に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含むUSBメモリを紛失 - 約1カ月後に回収
保育園の園児情報含むUSBメモリが盗難に - 福井市
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 横浜市立みなと赤十字病院
個人情報含むUSBメモリを紛失、拾得され発覚 - 近畿大工業高専
患者情報含むUSBメモリが院内で所在不明に - 茨城東病院
患者情報含むUSBメモリが手術室で所在不明に - 大館市立総合病院
患者情報入りUSBメモリを一時紛失 - レンタカー内部で発見
医療相談情報含むUSBメモリを院内で紛失 - 射水市民病院
委託先が患者情報を紛失、防犯カメラに誤廃棄時の映像 - 頴田病院
学生情報や研究データ含むUSBメモリを紛失 - 日本赤十字豊田看護大