Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ANAのシステム障害、スイッチ故障が原因 - 予備機への切替も機能せず

全日空において、3月22日に大規模なシステム障害が発生し、国内線において欠航や遅延が多数発生した問題で、同社はデータベースサーバの同期処理を中継するネットワーク機器の不具合が原因であることを明らかにした。

20160331_an_001.jpg
障害の概要(画像:ANA)

同社によれば、同社は、4台のデータベースサーバで国内旅客システムを運用しているが、これらサーバの同期処理にあたり、中継するシスコシステムズ製のEthernetスイッチで障害が発生したという。

そのため同期処理が行えず、データの整合性が保たれなくなるため、データベースが自動停止していた。また障害時のシグナルが送信されなかったため、本来は自動で切り替わる予備機への切り替えも行われなかったという。

同社では、ネットワーク機器における障害の検知機能を改善。シスコシステムズによる改善策も検討されているという。また国内旅客システムにおける点検の実施など、信頼性を向上に向けたプロジェクトチームを設置するなど対応を進めていく。

(Security NEXT - 2016/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
東証のシステム障害、原因は自動切換用の設定
東証、10月2日は通常どおり売買実施
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
ランサムウェアに感染、障害が発生 - 経済同友会
キヤノンの写真クラウドサービスで障害 - 画像データ消失
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
TIS、障害発生したリモートアクセスサービスを終了へ
SMBC日興証券で一時障害 - データセンターで電源ダウン