Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ANAのシステム障害、スイッチ故障が原因 - 予備機への切替も機能せず

全日空において、3月22日に大規模なシステム障害が発生し、国内線において欠航や遅延が多数発生した問題で、同社はデータベースサーバの同期処理を中継するネットワーク機器の不具合が原因であることを明らかにした。

20160331_an_001.jpg
障害の概要(画像:ANA)

同社によれば、同社は、4台のデータベースサーバで国内旅客システムを運用しているが、これらサーバの同期処理にあたり、中継するシスコシステムズ製のEthernetスイッチで障害が発生したという。

そのため同期処理が行えず、データの整合性が保たれなくなるため、データベースが自動停止していた。また障害時のシグナルが送信されなかったため、本来は自動で切り替わる予備機への切り替えも行われなかったという。

同社では、ネットワーク機器における障害の検知機能を改善。シスコシステムズによる改善策も検討されているという。また国内旅客システムにおける点検の実施など、信頼性を向上に向けたプロジェクトチームを設置するなど対応を進めていく。

(Security NEXT - 2016/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

グリコ、冷蔵食品の出荷再開を延期 - 約150億円の売上減を予想
グリコでシステム障害、冷蔵食品を出荷停止 - 再開は5月中旬予定
ITパスポート試験、システム障害で中止に - 振替受験を実施
注文情報などを異なる顧客へ誤送信 - Yahoo!ショッピング
就職情報サイト「マイナビ」、応募者データのDL機能に不具合
全銀システムが復旧、未処理分や12日分の処理も完了
全銀システムで障害、一部銀行で他行宛振込処理が遅延
ファイルサーバで障害、一部住民サービスに影響 - 泉南市
港内で運用するターミナルシステムがランサム感染 - 名古屋港
人事労務システム障害、給与システムを順次提供 - MKシステム