Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生8人の個人情報を誤って192人に配信 - 摂南大

摂南大学において、就職部が配信した履歴書の添削指導メールに、誤って学生8人の個人情報含む文書を添付していたことがわかった。

3月10日、学生が不適切な内容の文書を所有していると教員から指摘があり、問題が判明したもの。就職部が学生向けポータルサイトで配信した履歴書の添削指導メールに、本来添付すべき「履歴書見本」ではなく、異なる文書ファイルを誤って添付していた。

問題のファイルは内部資料で、学生8人の氏名や学生番号、進級状況などの個人情報が含まれる。同メールは2月10日に学生192人に対し配信され、掲載期間中に64人が閲覧していたという。

同大学では個人情報が流出した学生に対し、個別に説明と謝罪を実施。またメールを参照した学生には、ファイルの削除を要請など行っている。

(Security NEXT - 2016/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
県立高サイトで進路先など個人情報を誤掲載 - 宮城
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 国立音大
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
会議室予約システムに不正アクセス、予約者情報流出の可能性 - 慶大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町