Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

APNICの逆引きネームサーバで一時障害 - すでに復旧

APNICの逆引きネームサーバで一時障害が発生し、DNSSEC署名の検証ができない状態だった。すでに復旧しているという。

日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)によれば、日本時間3月15日8時過ぎより翌16日1時半過ぎにかけて障害が発生したもの。

APNICが管理する逆引きゾーンでDNSSEC署名の検証に失敗する状態だったという。今回の障害は、すでに障害は解消している。

(Security NEXT - 2016/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
スキー場の滑走記録アプリに不正アクセス - ログや画像が消失
不正アクセスで個人情報約6.5万件が流出か - 日清製粉関連会社
健康食品扱う複数通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市
セキュリティ運用ソフト「LogStare Collector」に新版
Android版「COCOA」で不具合 - 実機の動作検証で判明
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応