Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

APNICの逆引きネームサーバで一時障害 - すでに復旧

APNICの逆引きネームサーバで一時障害が発生し、DNSSEC署名の検証ができない状態だった。すでに復旧しているという。

日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)によれば、日本時間3月15日8時過ぎより翌16日1時半過ぎにかけて障害が発生したもの。

APNICが管理する逆引きゾーンでDNSSEC署名の検証に失敗する状態だったという。今回の障害は、すでに障害は解消している。

(Security NEXT - 2016/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ニップン、決算提出期限を延長申請 - 約9割のシステムに被害、帳票処理が手作業に
NTTドコモ、10月の大規模通信障害で報告書 - 「利用者への伝え方にも問題あった」
ベイシア通販サイトで個人情報が流出 - ECサービスの不正アクセスで
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
サイバー攻撃でデータ流出、暗号化被害など確認されず - クラレ
工事影響で通信障害、復旧後もアクセス増で影響長引く - ドコモ
NTTドコモの通信障害、完全復旧 - 発生より29時間後に
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
JVCケンウッドの欧州グループ会社にサイバー攻撃 - メール障害から判明