Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「小包が配達できなかった」 - 偽日本郵政からのメールが再度急増

日本郵政を装い、「小包が配達できなかった」などとだまして添付ファイルを開かせる悪質なメールが、2月15日ごろから急増している。

注意喚起を行った日本郵政などによると、問題のメールは、「JAPAN POST」や「日本郵政」など差出人を日本郵政グループの関係者であるかのように偽装。メール本文にも「JAPAN POST ジャパン」などとの記載がある。

メールでは、「電話で連絡したがつながらなかったため、品物はターミナルに返送された」と説明。メールに添付している「委託運送状」を印刷して最寄りの郵便局へ出向く必要があるなどとして、添付ファイルを開かせる。

同様のメールは、2015年12月にも確認されているが、2月15日ごろより再び増加。メールに関して1日あたり300件超の問い合わせが寄せられているという。

20160218_jp_001.jpg
確認されたメールの事例(画像:日本郵政)

(Security NEXT - 2016/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
「GitHub Enterprise Server」に認証回避の深刻な脆弱性
国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「イオンカード」装うフィッシング - 利用明細や取引制限など偽装
サポート詐欺被害で情報流出の可能性 - 高齢・障害・求職者雇用支援機構
フィッシング攻撃支援サブスクの関係者を一斉検挙 - 利用者は約1万人
まもなくGW - 長期休暇に備えてセキュリティ対策の再確認を
「東京ガス」装うフィッシング - 「対応しないと供給停止」と不安煽る