Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

上場企業など6.3%が標的型攻撃でマルウェア感染

過去1年間に24.2%の企業がメールによる標的型攻撃を受けていたことがわかった。6.3%は添付ファイルを開き、マルウェアへ感染していたという。

20160217_ns_004.jpg

NRIセキュアテクノロジーズが、2015年9月から10月にかけて東証一部および二部上場企業を中心にシステムや情報セキュリティ担当者にアンケートを実施。結果を取りまとめたもの。665社より回答を得た。

「標的型攻撃」の定義や判断は回答者に委ねられており、攻撃がどの程度の規模や複雑性を持つかは不明だが、同調査によれば、過去1年に高度な標的型攻撃のメールを24.2%が受信したと回答。さらに6.3%は添付ファイルを開き、マルウェアへ感染していたという。

過去に経験があるとする企業をこれらに含めると、33.4%がメールを受信。8.9%にマルウェアの感染被害があった。一方、「攻撃を受けたことがない」とする回答は42%にのぼり、23.5%は「攻撃を受けたかわからない」との回答している。

(Security NEXT - 2016/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
標的型攻撃、「圧縮ファイル」利用が前年比2.5倍に
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」