Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ふるさと納税寄付者へ別人の申請書を誤送付 - 平川市

青森県平川市は、ふるさと納税の寄付者の個人情報を記載した書類144人分を、封入ミスにより別人に送付していたことを明らかにした。

同市では、ふるさと納税を行い、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書(ワンストップ特例申請書)」を希望した144人に対し、2015年12月28日に申請書を送付したが、別の寄付者の個人情報が印字された申請書を送付してしまったという。

同月30日から31日にかけて寄付者から連絡があり、問題が判明。誤送付された申請書には氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、寄付金額などが記載されていた。封入の際に封筒と書類が1件ずつずれていたが、封筒の宛名と書類の氏名の一致を確認しておらず、そのまま送付してしまったという。

同市では対象となる寄付者に謝罪。誤送付した申請書の返送を依頼し、すべての申請書の回収した。

(Security NEXT - 2016/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
都営住宅居住者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
保育施設保護者向け書類を誤配布、国保免除申請書の紛失も - 高槻市
税額決定通知書を異なる事業所へ誤送付 - 西宮市
卒業証明書を封入ミスで誤送付 - 中京大
保育園入園児の名簿などを誤配布 - 小諸市
税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
移植患者情報含む書類をドナーに誤送付 - 日本骨髄バンク
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂