Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「水道止める」「断水情報」と騙す悪質メールに注意 - SMSを利用するケースも

水道局を装い、「水道料金が未納のため、水道を止める」などと不安を煽り、出会い系サイトなど無関係なサイトへアクセスさせる悪質なメールが出回っており、一部自治体が注意を呼びかけている。

問題のメールは「給水停止についてのお知らせ」といった件名で送信されており、1月後半より流通量が増えていると見られる。メールの本文では「最終納期限を過ぎているが、支払いの確認が取れていない」などと不安を煽り、「最寄りの営業所一覧」などとして、無関係のサイトへ誘導する。

また「断水のお知らせ」を装うメールも確認されており、「断水予定区域」などとしてリンクをクリックさせようとしていた。また水道局を偽装したケースでは、受信者が驚くような過大な請求金額を記載したメールを送り付けるケースもある。

メール以外にも、ショートメッセージサービス(SMS)が利用される場合もあった。注意喚起を行っている自治体の多くは、メールによる水道料金請求や、給水停止の連絡は行っておらず、断水工事なども、ウェブサイトや広報車、チラシなどを通じて通知しているとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
「ポケットカード」装うフィッシングに注意