Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マルウェアとC&Cサーバの通信を遮断するサービス - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、インターネット接続サービス「OCN」利用者向けに、「マルウェア不正通信ブロックサービス」の無料提供を開始した。

20160204_nt_001.jpg
サービスの流れ(図:NTTコム)

同サービスは、通信先の情報からマルウェアと外部C&Cサーバとの通信を検知し、アクセスを遮断するもので、マルウェア感染にともなう情報漏洩対策などとして提供するもの。同サービスによりマルウェアの感染が検知された利用者に対し、通知も行うという。

同サービスは、「OCN」の光サービスやADSL、モバイルサービスなどを利用している個人および法人を対象としている。無料で利用でき、申し込みや設定も不要。

(Security NEXT - 2016/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威情報の売買プラットフォームで実証実験 - NTTコム
セキュソフトに新版、リモート接続の保護機能を搭載 - Avast
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - アプリ異常動作を検知