Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、「WideAngle」に機械学習で脅威レベルを自動判定する新機能

NTTコミュニケーションズは、リスクマネジメントサービス「WideAngle」において、機械学習の機能を2月10日より強化し、サイバー攻撃の検知について能力向上を図る。

20160202_nc_001.jpg
情報活用の流れ(図:NTTコム)

同社では、2015年10月より同サービスのマネージドセキュリティサービス運用基盤(SIEM)において人工知能を活用しているが、あらたに2種類の機能を実装し、検知力や分析力の強化を図る。

顧客組織のトラフィックや通信ログをもとに、IPアドレス、ポート番号、ホスト情報などのエンドポイント情報とセッション情報を分析。利用環境を踏まえた上での脅威レベルを自動で判定することが可能となった。

また自動判定した脅威レベルをもとに、対応不要な誤検知のアラートを自動で排除。情報漏洩の影響に応じたセキュリティ対策を迅速に通知するという。

(Security NEXT - 2016/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ソニーペイメントと日商エレ、不正決済の検知サービス
IDaaSサービスにPWリスト攻撃対策を追加 - Auth0
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
EC事業者向けカード不正利用防止サービス - 日商エレ
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート