Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ランサムウェア」に感染したらどうなるか

ふとしたきっかけでマルウェアに感染、パソコン内部のファイルが利用できなくなり、環境を戻すためと金銭が要求される——そうしたランサムウェアの被害が国内外で発生している。

こうした状況を受け、警察庁は「ランサムウェア」の動作を説明し、被害に遭わないための対策について解説した動画を公開し、注意を呼びかけている。

ランサムウェアは、いわゆる「身代金」を要求する不正プログラム。感染すると、利用者の意図に反してファイルが勝手に暗号化されて利用できなくなる。

被害はパソコン内部に限らず、接続している外部ドライブや共有ファイルなども被害を受ける場合がある。復号のための鍵は攻撃者が持っており、復号する代わりに金銭を要求してくる。

ランサムウェアによる被害は増加傾向にあり、情報処理推進機構(IPA)でも多くの相談が寄せられているとして、2016年に入ってからも注意喚起を行っている。

今回警察庁が公開した約7分ほどの動画。「Windows 7」上でランサムウェアのデモ用プログラムを起動し、暗号化した上に拡張子が「www」に変更され、実際に利用できなくなる様子を解説。1度暗号化されると復号することは難しいとし、対策としてバックアップの実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
ランサム攻撃受けた国内企業の約3割が身代金払う - 平均1.23億円
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
朝日インテックでシステム障害 - ランサム感染被害で
米政府、医療分野を標的としたランサムウェアに注意喚起 - DNSで通信して検知回避
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験