Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神奈川県暴追センターのサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導

20160127_kb_001.jpg

約1カ月にわたり、神奈川県暴力追放推進センターのウェブサイトが改ざんされていたことがわかった。

ウェブサイトが不正アクセスを受け、2015年12月上旬ごろより2016年1月14日にかけて、賛助会員入力フォームページが改ざんされたもの。不正なコードが埋め込まれ、同ページ閲覧した場合、外部の不正サイトへ誘導されるおそれがあった。今回の不正アクセスによる情報漏洩については否定している。

同センターではサイトを停止して改ざん箇所を修正し、安全を確認したうえで1月25日に再開した。今後は監視を強化して再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2016/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数の釣り具通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出か
通販サイト「ゆとりの空間」、パスワード含む個人情報が流出か
アパレル資材B2Bサイトでクレカ情報流出か - アップロード機能の脆弱性突かれる
健康食品通販サイトでクレカ情報流出か - 個人情報格納サーバにも不正アクセスの痕跡
医療関連用品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
豆煎餅など扱う通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
和装店のオンラインショップに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
ゴミ分別案内のチャットボット改ざん、不正サイトへ誘導 - 横浜市