Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ATMとF.TRON、ATM向けマルウェア対策を共同開発

日本ATMは、F.TRONに資本参加し、金融機関の現金自動預払機(ATM)向けのセキュリティ対策サービスを共同開発することで合意したと発表した。

両社は、OSとCPU間の動作を監視して不正なコマンドの実行を防ぐF.TRON製のセキュリティ対策ソフト「INTΦ」を活用したATM向けセキュリティ対策サービスを共同で開発する。

日本ATMでは、無線通信におけるデータの盗聴防止や、マルウェア対策などを備えたセキュリティ対策ソリューションを、ATM監視業務の追加サービスとして展開していく考え。

(Security NEXT - 2016/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
段ボールの開梱機能を搭載した個人情報保護スタンプ - プラス
一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
「ドコモ口座」経由で金融機関口座から不正引出 - 約1000万円の被害