Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ATMとF.TRON、ATM向けマルウェア対策を共同開発

日本ATMは、F.TRONに資本参加し、金融機関の現金自動預払機(ATM)向けのセキュリティ対策サービスを共同開発することで合意したと発表した。

両社は、OSとCPU間の動作を監視して不正なコマンドの実行を防ぐF.TRON製のセキュリティ対策ソフト「INTΦ」を活用したATM向けセキュリティ対策サービスを共同で開発する。

日本ATMでは、無線通信におけるデータの盗聴防止や、マルウェア対策などを備えたセキュリティ対策ソリューションを、ATM監視業務の追加サービスとして展開していく考え。

(Security NEXT - 2016/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
ATM取引情報の記録メディアを紛失 - 敦賀信金
文書センターで約55万件の顧客情報を紛失 - 金沢信金
「Log4Shell」の当初緩和策を否定 - 最新版への更新を
人気ライブラリ「Apache Log4j」に深刻な脆弱性、悪用も - 影響の確認や対策の実施を
なりすましメール発生、ネットバンキングも一時利用不能に - 都留信組
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀
みずほ銀でシステム障害 - 一時店頭で取引できず
「PCI PIN Security」の準拠支援や審査サービス - NRIセキュア