Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ATMとF.TRON、ATM向けマルウェア対策を共同開発

日本ATMは、F.TRONに資本参加し、金融機関の現金自動預払機(ATM)向けのセキュリティ対策サービスを共同開発することで合意したと発表した。

両社は、OSとCPU間の動作を監視して不正なコマンドの実行を防ぐF.TRON製のセキュリティ対策ソフト「INTΦ」を活用したATM向けセキュリティ対策サービスを共同で開発する。

日本ATMでは、無線通信におけるデータの盗聴防止や、マルウェア対策などを備えたセキュリティ対策ソリューションを、ATM監視業務の追加サービスとして展開していく考え。

(Security NEXT - 2016/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
ゆうちょ銀「mijicaサイト」で不正ログインか - 一部で機械的な画面遷移
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
「ドコモ口座」経由で金融機関口座から不正引出 - 約1000万円の被害
米政府、北朝鮮関与「BeagleBoyz」に注意喚起 - 金融機関狙う「FASTCash 2.0」を展開か
複数メーカーの「ATM」に脆弱性 - 預金不正引出や乗っ取りのおそれ
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
セブンのバーコード決済など一時障害 - ネットワーク設定不備で
SMBC日興証券で一時障害 - データセンターで電源ダウン
MSが4月の月例パッチ、脆弱性113件を修正 - すでに3件で悪用