Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む書類約3200件が所在不明 - 大阪府内の郵便局

日本郵便は、大阪府内の郵便局において、顧客情報が記載された書類が所在不明なっていることを明らかにした。

同社によれば、5月7日に東大阪長堂郵便局において、2022年度に取り扱った書類の保存作業を行った際、約3200件を紛失していることが判明したもの。

具体的には、2022年に取り扱った窓口やATMでゆうちょ銀行口座へ払い込みが行われた際の払込用紙控え696件をはじめ、窓口で支払われた公金の原符580件、公金に関する納付依頼書の郵便局控え約1800件、窓口でゆうちょ銀行以外の口座へ振り込みをした際の依頼書およびその記録の郵便局控え159件。

書類によって記載項目は異なるが、氏名や住所、電話番号、送金先口座番号、送金元口座番号などが含まれる。

同社は1月に局舎の移転を行った際に誤って廃棄した可能性が高いと説明。対象となる顧客を特定し、連絡することは困難だという。

(Security NEXT - 2023/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要