Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Instagram」にアダルトサイト誘導アカウントが出没 - 覚えない「いいね」に注意

写真共有サービス「Instagram」において、アダルトサイトへ誘導するために作成された不正アカウントが確認されている。海外の事例だが国内でも同様の手口が広がる可能性もあり注意が必要だ。

米Symantecによれば、2015年11月ごろから不正なアカウントを作成し、それらアカウントのプロフィールページより不正サイトへ誘導する手口が増加しているという。

写真に「いいね」を付けたり、フォローすることでユーザーに近づき、興味を持ったユーザーをプロフィールに誘導。記載したリンクなどをクリックさせようとしていた。

不正アカウントのプロフィールや投稿には、他ユーザーから盗用した画像などを利用。同社が確認した限り、3パターンが見られたが、いずれも誘導先はアダルトサイトで、アフィリエイトプログラムによる報酬が目的だったと見られている。

同社は、見知らぬユーザーからのアクションに対して用心が必要と指摘。不正なアカウントを見つけた場合は、Instagramに報告するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/01/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「不在通知」スミッシングの相談倍増 - キャリア決済で被害も
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
「ポケットカード」装うフィッシングに注意
「アプラス」装うフィッシング攻撃に注意 - 「新生銀行カード」名乗るケースも
UCSカード利用者を狙うフィッシング - 目立つ不自然な日本語、簡体字も
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
「国内のみ」狙う偽Amazonのフィッシング - 100万件以上の日も
偽通販サイトが出没、正規サイトから画像や文章を盗用
今度は「特別定額給付金」の「再給付」で誘惑 - 詐欺メールに注意
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール