Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

闇市場で取り引きされる「vvvランサム」 - 購入者ごとにID

パソコン内部のファイルを利用者の意図に反して暗号化し、金銭を脅し取る「TeslaCrypt」。「vvvランサムウェア」として話題となった当初、影響は限定的と見られていたが、国内でも徐々に検知数が増えている。同マルウェアは、犯罪者によって売買されており、今後の動向にも引き続き注意が必要だ。

米Symantecによれば、今回問題となった「TeslaCrypt 2.2.0」は、ブラックマーケットで取り引きされており、金銭を払うことで攻撃プラットフォームを利用できる状態だという。攻撃者が購入したマルウェアには、重複しないIDが割り当てられていた。

各購入者は、メールやエクスプロイトキットなど異なる方法で拡散を試みていると指摘。なかでも特定グループによるスパムメールが目立っており、他ベンダーで検知されている。

拡散させるための感染経路なども取り引きされていると同社では分析。こうした売買によって実行犯を特定することが困難になっていると指摘する。同マルウェアによる攻撃は活発化しており、コンシューマー、組織いずれも警戒が必要だと注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛
警察へのランサム被害報告、1年で倍増 - 目立つ「VPN機器」経由の侵入
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - クロスプラス
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
サーバにサイバー攻撃、ランサムウェアか - NITTAN
米政府の悪用済み脆弱性リスト、あらたに12件を追加
ランサム被害、リモート接続の脆弱性が侵入口に - ニチリン
QNAP製NASを狙うあらたなランサム攻撃 - アプリの更新を