Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー通知カードの印刷漏れ、あらたに184人分

マイナンバー通知カードについて、秋田県と滋賀県、静岡県の一部地域であわせて93世帯184人分の印刷漏れが判明した。いずれも自治体の手続きミスが原因だった。

秋田県、滋賀県、静岡県の一部地域のあわせて10世帯24人の情報で、自治体のミスで情報システム機構に正常に登録されていなかったという。

また滋賀県の一部地域では、外国人住民83世帯160人の情報が、住民基本台帳システムに正常に登録されていなかったため、情報システム機構に正常に送付されなかった。いずれも12月20日までに通知カードが届けられるよう、関係機関で調整を行っている。

(Security NEXT - 2015/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
紛失や誤送付など個人情報関連事故2件を公表 - 八千代市
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性
マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
マイナンバーなど外部送信、ダミーファイルに残存 - 宝HD
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
端末の更新を失念、マイナンバーカード手続きで障害 - 長野市
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社