Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テリロジー、ネットワーク機器の設定ミスを検知する新製品

テリロジーは、ネットワーク機器の設定ミスを検知する米RedSealのセキュリティソリューションを12月14日より販売開始する。

「サイバーセキュリティ分析プラットフォーム」は、米RedSeal製のソフトウェア。サイバー攻撃の狙い目となりうるネットワーク機器の設定ミスを検知することが可能。また機器の設定情報からネットワーク全体のアクセス経路を可視化できる。

ルータやスイッチ、ファイアウォール、ロードバランサなどネットワーク機器の設定ファイルをインポート。各ベンダーが推奨するチェック項目と照合することで、人為的なミスや不具合などを検知することができる。

1カ月限定使用のワンタイム版ライセンス、1年間限定使用のコンサルティング版ライセンス、買取りのパーマネント版ライセンスの3種類を提供。同社では、初年度で5000万円の販売を目指すとしている。

(Security NEXT - 2015/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルマガを誤送信、会員のメアド流出 - 店舗装飾シールショップ
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
「Apache httpd 2.4.48」がリリース - 脆弱性8件を修正
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
通販顧客のメールアドレスが流出 - 入浴剤通販サイト
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多
SAML認証ライブラリ「Lasso」に脆弱性 - ライブラリ依存の幅広い製品へ影響