Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テリロジー、ネットワーク機器の設定ミスを検知する新製品

テリロジーは、ネットワーク機器の設定ミスを検知する米RedSealのセキュリティソリューションを12月14日より販売開始する。

「サイバーセキュリティ分析プラットフォーム」は、米RedSeal製のソフトウェア。サイバー攻撃の狙い目となりうるネットワーク機器の設定ミスを検知することが可能。また機器の設定情報からネットワーク全体のアクセス経路を可視化できる。

ルータやスイッチ、ファイアウォール、ロードバランサなどネットワーク機器の設定ファイルをインポート。各ベンダーが推奨するチェック項目と照合することで、人為的なミスや不具合などを検知することができる。

1カ月限定使用のワンタイム版ライセンス、1年間限定使用のコンサルティング版ライセンス、買取りのパーマネント版ライセンスの3種類を提供。同社では、初年度で5000万円の販売を目指すとしている。

(Security NEXT - 2015/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

がん検診受診者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 東京曳舟病院
YouTubeから誘導、ライブ配信サービス装う詐欺サイトに警戒を
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開