Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テリロジー、ネットワーク機器の設定ミスを検知する新製品

テリロジーは、ネットワーク機器の設定ミスを検知する米RedSealのセキュリティソリューションを12月14日より販売開始する。

「サイバーセキュリティ分析プラットフォーム」は、米RedSeal製のソフトウェア。サイバー攻撃の狙い目となりうるネットワーク機器の設定ミスを検知することが可能。また機器の設定情報からネットワーク全体のアクセス経路を可視化できる。

ルータやスイッチ、ファイアウォール、ロードバランサなどネットワーク機器の設定ファイルをインポート。各ベンダーが推奨するチェック項目と照合することで、人為的なミスや不具合などを検知することができる。

1カ月限定使用のワンタイム版ライセンス、1年間限定使用のコンサルティング版ライセンス、買取りのパーマネント版ライセンスの3種類を提供。同社では、初年度で5000万円の販売を目指すとしている。

(Security NEXT - 2015/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

自治体防災メール、送信ドメイン認証「SPF」に9割対応 - 「DMARC」は1割強
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
顧客情報含むMOディスクが所在不明 - りそな銀
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
委託先でメール誤送信、オンライン商談会登録者のメアド流出 - 大阪府
クラウドサーバに不正アクセス、フィッシングの踏み台に - 岡山大
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府