Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「vvvランサム」、国内で攻撃メールを検知 - 日本IBM

拡張子を「vvv」に変更する特徴を持ったランサムウェア「TeslaCrypt 2.2.0」の動向に注目が集まっているが、日本IBMは、12月9日に日本国内で同マルウェアへ感染させようと試みる十数件のメールを確認したことを明らかにした。

同社Tokyo SOCによれば、問題のメールにはJavaScriptを添付。「TeslaCrypt」に感染するよう細工されていたという。

こうしたメールを用いた感染経路については、海外を中心に攻撃が発生していることをトレンドマイクロが12月8日に明らかにしており、日本から感染サイトへ誘導されたケースは100件ほどあったことがわかっている。

日本IBMは、8日に国内において「TeslaCrypt 2.2.0」を検知していないことを報告。別のランサムウェア「CryptoWall」の感染活動を10月以降検知しており、11月下旬からは継続的に観測しているとし、注意を呼びかけていたが、9日に入り「TeslaCrypt 2.2.0」の攻撃についても検知した。

同社は、ランサムウェア全般に関して、正規サイトや広告経由で感染するケースもあり、攻撃を防ぐことが難しいと指摘。

組織などにおける対策として、「Flashコンテンツ」の表示が必要でない環境では「Adobe Flash Player」プラグインの無効化を検討することを推奨。利用する必要がある場合は、コンテンツ再生時にユーザーのクリックが必要となる「Click-to-Play機能」の活用などを呼びかている。

また対策として安全な場所への定期的なバックアップ、セキュリティ対策ソフトの活用、脆弱性の解消、不審なメールのリンクや添付ファイルへの注意などを挙げた。

さらに感染した場合は、ネットワークドライブや外付けメディアのファイルへ被害が拡大することを防ぐため、ネットワークからの遮断や外付けストレージの取り外しなど行うようアドバイスしている。

(Security NEXT - 2015/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイルサーバがランサム被害、情報流出の可能性 - みんな電力
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛
警察へのランサム被害報告、1年で倍増 - 目立つ「VPN機器」経由の侵入
ランサム被害で個人情報流出の可能性 - クロスプラス
「CODE BLUE 2022」の全24セッションが決定
サーバにサイバー攻撃、ランサムウェアか - NITTAN
ランサム被害、リモート接続の脆弱性が侵入口に - ニチリン