Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、エンドポイントの状況から通信を自動遮断するUTM

ソフォスは、ネットワークとエンドポイントが連携するセキュリティ機能を搭載したゲートウェイ「Sophos XG Firewall」を発表した。12月14日より受注開始する予定。

同製品は、エンドポイントとの自動連携機能「Sophos Security Heartbeat」を搭載したゲートウェイ製品。エンドポイント向けセキュリティ製品「Sophos Cloud Endpoint Protection Advanced」と同製品との間で15秒ごとに通信を行い、エンドポイントのセキュリティ状態を共有。

エンドポイントがマルウェアに感染した際に信号を送信。感染端末からのインターネットアクセスをファイアウォールでブロックする。

「Sophos XG Firewall」のアプライアンスとして「Sophos XG シリーズ」を展開。ファイアウォールにくわえ、不正侵入防止やスパム対策暗号化、WAF、ウェブフィルタリング、情報漏洩対策、アプリケーションコントロールなど必要に応じて利用できるという。

価格は、エントリーモデルが6万5988円から。ハイエンドモデルが678万4884円から。無線 LAN 搭載モデルも用意している。また「Sophos Firewall OS」は、ソフトウェアおよび仮想アプライアンスとしても提供する。

(Security NEXT - 2015/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
フォーティネット、新シリーズ「FortiGate 3000F」を発表
Akamai、WAFとAPI防御を統合したWAAP「App & API Protector」を発表
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ