Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年3Qのネットバンク不正送金、法人被害額が5倍強に

オンラインバンキングの法人利用者における不正送金被害が急増している。2015年第3四半期の被害ベースで前四半期の約5.6倍へと拡大した。

全国銀行協会が、会員である190行を対象に調査を実施したもの。2015年7月から9月にかけて、個人の預金者において発生した不正送金の被害は265件。前期の308件から減少。被害額に関しても2億1400万円となり、前期の4億900万円から半減している。

対して法人被害は目立って増加した。件数ベースで前四半期の10件を大きく上回る35件の被害が発生。被害額は3億6700万円となり、前期の6500万円から5.6倍に拡大した。

年度単位で見ると、4月から9月までの半期で法人の被害額は4億3200万円。2014年度の年間被害額である4億2700万円をすでに上回っており、金額ベースでは前年度の2倍以上のペースで推移している。

(Security NEXT - 2015/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を
不正送金被害が大幅減 - 被害額は前四半期の半数以下に
2020年2Q、不正送金被害額が約1.7倍に拡大
「mijicaカード」不正送金、被害者のいずれも不正ログイン被害か