Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dell不正証明書の信頼を取り消し - MSがリストを更新

Dellが提供するパソコンにおいて、Windowsの証明書信頼リストに脆弱なルート証明書がインストールされていた問題を受け、マイクロソフトではこれら証明書の信頼を取り消す更新を実施した。

今回の問題に対して同社は同証明書を無効と判断したもので、Windowsにおいて信頼しないようアップデートを実施したもの。

問題の証明書は、他証明書の発行やコード署名のほか、なりすまし、中間者攻撃などへ用いられるおそれがあるが、日本マイクロソフトとしては、12月1日の時点で悪用を確認していないという。

今回の更新は、「Windows 8」以降では自動的適用され、リストは最新のものとなる。また「Windows 7」以前に関しては、失効した証明書の自動更新ツールを導入している必要がある。

記事訂正のお知らせ:本記事初出時に「更新プログラム」との表記がありましたが、日本マイクロソフトのアドバイザリにおいて「更新」と表記が変更となったことを受け、本記事でも反映いたしました。

(Security NEXT - 2015/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【お知らせ】ブラウザによる警告表示のお詫び
Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
機密情報管理のHashiCorp製「Vault」に脆弱性 - データ消失のおそれ
「GnuTLS」に脆弱性 - アップデートがリリース
Facebookビジネスアカウントの乗っ取り攻撃 - LinkedInで攻撃対象を物色
動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性
Cisco製コラボレーションツールに重要度「Critical」の脆弱性
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
特定日の戸籍証明書交付申請書が所在不明に - 枚方市
intel製プロセッサに複数脆弱性、アップデートをリリース - MSやVMwareも対応