Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dell不正証明書の信頼を取り消し - MSがリストを更新

Dellが提供するパソコンにおいて、Windowsの証明書信頼リストに脆弱なルート証明書がインストールされていた問題を受け、マイクロソフトではこれら証明書の信頼を取り消す更新を実施した。

今回の問題に対して同社は同証明書を無効と判断したもので、Windowsにおいて信頼しないようアップデートを実施したもの。

問題の証明書は、他証明書の発行やコード署名のほか、なりすまし、中間者攻撃などへ用いられるおそれがあるが、日本マイクロソフトとしては、12月1日の時点で悪用を確認していないという。

今回の更新は、「Windows 8」以降では自動的適用され、リストは最新のものとなる。また「Windows 7」以前に関しては、失効した証明書の自動更新ツールを導入している必要がある。

記事訂正のお知らせ:本記事初出時に「更新プログラム」との表記がありましたが、日本マイクロソフトのアドバイザリにおいて「更新」と表記が変更となったことを受け、本記事でも反映いたしました。

(Security NEXT - 2015/12/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
「ETCのアカウントを停止した」と不安を煽るフィッシング
就学援助費請求の内訳書や卒業生台帳が所在不明に - 横浜市
Proofpointの「Insider Threat Management」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
コミュニケーションツール「Cisco Jabber」に深刻な脆弱性
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
「OpenSSL」に重要度「高」の複数脆弱性 - アップデートが公開
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明